外壁塗装で外壁と建物の寿命を長くしよう~ガイヘキング~

交通事故

塗料の特徴と価格

奈良で外壁塗装を行う場合は、塗料の種類について知っておいた方が良いです。塗料の種類によって、外壁塗装にかかる費用は異なります。外壁塗装で使用される塗料は、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系があります。最もコストが安いのは、アクリル系です。価格は安いのですが、耐用年数は5年~8年と短いので、塗り直しの期間は短くなってしまいます。また、紫外線に弱いので塗装する場所には注意した方が良いです。紫外線に強い塗料が、ウレタン系です。ウレタン系塗料は、水を弾く性質もあり高機能なのですが、汚れやすいです。耐用年数は6年~10年程度です。ウレタン系よりも価格が高いのですが、更に紫外線に強く、汚れを防ぐ効果もある塗料がシリコン系です。耐用年数も8年~15年程度と長いです。塗料の中で、最も耐用年数が長いのがフッ素系です。12年~20年とアクリル系塗料の2倍ほど耐用年数が長いです。

外壁塗装を奈良で行う場合は、塗料の相場を把握しておいた方が良いです。塗料によって機能は違うだけではなく、価格もそれぞれ異なります。アクリル系は60万円~110万円、ウレタン系は75万円~125万円、シリコン系は85万円~140万円、フッ素系は150万円~250万円程度です。奈良で外壁塗装を行う場合、重要な部分となる塗料ですが、価格だけではなく、耐用年数や、機能を考えて選ぶことが大切です。安いアクリル系塗料を選んだ場合でも、塗り直しが多くなれば、割高になるというケースもあります。そのようなことを考慮した上で、奈良で外壁塗装を行いましょう。